アラクネの書棚

■ 作者サマの一作自薦

目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

生活水準『煙草呑みの犬』(現代幻想、6枚)ほか

 たばこ屋の主人が「お客さん」と呼ぶ相手は、背中に黒い斑がある白い犬だった。
 現実に近いような遠いような、掌編、原稿用紙6枚。
■ブログ『生活水準』『煙草呑みの犬』

以下感想
スポンサーサイト

- オンライン小説に愛を/小説・文学

  1. 2006/07/05(水)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:0
  5. | EDIT

うひょ氏『雪の山の熊と人』(おとぎ話,29枚)

 雪深い冬の山にあるオルウンの山小屋に、まず二人の旅人の訪れがあった。旧友ワタワが語る一年前の物語は……。
──含み笑いを潜ませたような、温かなおとぎ話。
■うひょ氏サイト『UN ART-FICIAL STORIES  アイノナイ ワケジャナイ モノガタリタチ』→PRODUCTS→『雪の山の熊と人

以下、ネタバレ感想。

- オンライン小説に愛を/小説・文学

  1. 2006/05/15(月)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:2
  5. | EDIT

林氏『眠り病』(幻想小説、8枚)

 村に、眠り病にかかっていると噂される娘がいた。旅の修道士が施療を依頼される。
──悪夢の臭いが立ち込める、短編幻想小説。
■林氏サイト『文技研』→作品・完結→『眠り病

以下、ネタバレ感想。

- オンライン小説に愛を/小説・文学

  1. 2006/05/06(土)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:0
  5. | EDIT

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。