アラクネの書棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

ADアキラ氏『宇宙少女フェノ・ミナ』(SF,短編連作)

全長1500メートルの戦艦にただ一人乗り込んで、虚数空間を渡るヒロイン、ミナ。虚数空間へ出入りする能力を与えてくれるのは、ミナを選んだ「青のパール」。ミナは少女の姿のまま、成長することも、老いることもない……。

現在、3編が掲載
『The Introduction』時空の裂け目からの隕石が地球を直撃したとき、一人の女の子が生まれようとしていた……。ヒロイン紹介編。この話では、ミナはまだ本物の子供です。
『ビル・ヘヴンの魔少女』惑星ジュペリの「神の誕生日」、祭りの夜。ミナはであったばかりの少女の、誕生パーティに招かれる。
『少年の戦艦』パールの力を借りなければ入ることもできない虚数空間で、ミナの戦艦・ヤコーセンは、突然、何者かに襲われる。

■ADアキラ氏サイトCreative infinity→『宇宙少女フェノ・ミナ
Open▽
昔好きだった、エスパーSFを思い出しました。
選ばれた者の孤独と、その孤独を生き延びてきたことへのプライド。
……と、形容してしまうと、ちょっと重過ぎるかな。
どこか懐かしさも感じる、エンターテイメントなストーリー構成です。

 □

ヒロインは、12歳に見えるけれど、数百年も生きたという「大レディ」
場面によってまったく違う話言葉が、一筋縄でいかない雰囲気を醸し出していて、なかなかに魅力的。
長く生きた分、酸いも甘いもかみ分けたような面もあり。
でも、肉体が歳老いない・衰えないことと関係があるのでしょうか、瑞々しい感性も持ち合わせている感じです。

以下、軽く各編の感想を。
『The Introduction』
夢めいた子供時代の描写が、記憶がないことと、美しい記憶が「本物ではないこと」を知っているのと、どっちがセツナイかなーと思わせます。けれど、パールのものなのか両親のものなのか判然としないものの、それはたしかに、ミナに向けられた好意であるわけで。

『ビル・ヘヴンの魔少女』
アルマーガンティスという言葉が実はまだよくわかりません。これから出るのかなーなどと、楽しみにしています。サンテクの天才ぶりにも何か理由があるのでしょうか?

『少年の戦艦』
『ビル・ヘヴン…』のゲストキャラクターが天才少女だったのに対して、こちらのゲストは、パールに選ばれたもう一人のガール(girlではないらしい)。選ばれたから孤独なのではなく、孤独だったので力を引き寄せた感もあります。なんだかんだと言いながら面倒を見るミナが、微妙に笑えます。

特筆したいのは、『ビル・ヘヴン…』の光のシーン、『少年の戦艦』のパールを太陽に飛ばすシーン。過剰な描写があるわけではないのですが、目の前にしっかり輝きが浮かびました。特定の文章を読んで映像が浮かぶかどうかについて、友人と議論したことがあり、そのときは「相性の良し悪しがある」という結論でした。少なくとも、アキラさんの文章と自分が相性いいことは、自分的に確定(笑)。他の方ではどうなのか?というのが、けっこう興味あるトコロだったりもいたします。

それから、ヒロイン名「フェノ・ミナ」もそうなのですが、微妙にストーリーとからむようなからまないような、言葉遊びが、楽しいです。
『The Introduction』では、ヘヴン、冥王星の石、冥界とペルセポネー。
『ビル・ヘヴンの魔少女』では、少女の名が"サンテク"、惑星の名が"ジュペリ"。
『少年の戦艦』では惑星が"カンパニューラ"、少年の名が"ジョバンナ"。"天気輪""イーハ東部(たぶんヒガシブじゃなくトーブ)"なんて単語もでてきます。

 □

感想を書きます、と申し上げてから、とても時間がたってしまいました。
チャットで直にうかがった事を書くのもマズかろうというのがあったので、書いては消し書いては消ししちゃったところもあるのですが。これ以上遅くなっても、もっといい感想が書けるわけではないので、えいやと書いてみた昼休みだったりいたしますww

あ、でも、これだけは付け加えてもいいかな? トーコというネーミング、
「水樹和佳ですか?」
と伺ったら、ADアキラさんはこのマンガ家さんをご存知ないとのことでした。

Close△


- オンライン小説に愛を/小説・文学

  1. 2005/12/27(火)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:2
  5. | EDIT

コメント

お元気で?

ADあきらです。
急な知らせで驚いています。というわりに今頃のんびりカキコですが^^;
何かあってのことではないようなので胸をなでおろしてはいるのですが。
ブログ転載は全然平気です。ていうか、嬉しいですよ。

  1. 2006/04/12(水) 23:02:38 |
  2. URL |
  3. ADあきら #SFo5/nok
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

落ち込んだりもしたけど、

私は元気です。(゚∀゚)ノシ
 :
という感じです。

ご来訪感謝です>ADあきらさん
感想ブログ作るにあたり、他の感想ブログさんを参考にしつつ、「うーん」とうなったことが一つ。たいていのところが、カテゴリを「現代」「恋愛」「FT/SF」とか分けてらしゃるのですが。ここたぶん「FT/SF」ばかりになりそうだしなーとww
また拝読にうかがいますね、そういう意味では今後ともよろしくです。
  1. 2006/04/13(木) 12:23:09 |
  2. URL |
  3. 麻生新奈 #-
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachne.blog61.fc2.com/tb.php/15-f7a51d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。