アラクネの書棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

茅氏『モロッコの薔薇』(異邦・恋愛,27枚)

 十九世紀アルジェリア、イスラム世界を舞台に描かれる、踊り子の少女の淡い恋。ねこK・Tさん主催の『覆面作家企画 わたしはだあれ?』参加作品。
■茅氏サイト:茅葺き屋根の家→目次→サイト版『モロッコの薔薇』
□企画版『モロッコの薔薇』

以下ネタバレ感想。
Open▽
 五感という言葉がある。
 視覚 聴覚 触覚 味覚 嗅覚。
 このうち、嗅覚を直接現す単語は、多くの言語で、きわめて乏しいのだという。
 たとえば、「甘い香り」「すっぱい香り」は、味覚を現す単語の援用。
 ~に似た、と、「物」を現す言葉を使うこともあれば、「軽い香り」「重い香り」といった概念を現す抽象語を持ってくることもある。
 だから、香りを(単語ではなく)文章に表すときには、当然、援用の単語を連ねていくことになる。
 少し長くなるが、『モロッコの薔薇』から、香水瓶の蓋を開ける描写を、引用してみたい。
 男がコルク栓に手をかけると、閉じこめられた香りが一斉に解放される。蜂蜜に似た重厚な、野趣あふれる香り。何万という薔薇が一気に開花したような何ともいえぬ香りが辺り一面に広がった。
「いい香りだろう? そうだな、ある意味催淫剤といえなくもない。古来より薔薇の香りは男を惑わせるというからな。特にブルガリア、トルコ、モロッコなどで作られる薔薇は香水の材料として珍重される。これはモロッコの薔薇だ」
 少女は何もいわなかった。いえなかった。言葉などいらなかった。その香りの心地よさに、子宮の奥からこみあげる恍惚と官能に、思わずうっとりと身をゆだねてしまう。
 香水の瓶を開ける。香りが広がる。最初は少女の周囲に。会話数行分の秒数をへて、香りは身体の芯へと到達する……、それが文章で表されている。非常に描写しづらいはずの嗅覚を、艶やかな言葉で描ききる。文体の力と、物語のなかの時間経過を利用することを含めた、文章の力。

 作者の意図からはおそらくずれていると思いつつ。
>体の中央を真っ直ぐにおりてくる指の行き先に思い至り、(中略)少女は男の指から逃げる。
 このあたりは、不思議な儀式のよう。少女が指から逃げていなかったら、予言は変わっていたのではないかと想像するのは、楽しい。

 作者のサイトにはファンタジーもあって、この方の筆力からすれば、砂漠の小さな町、美しい踊り子、なぞめいた市場の男、淡い恋といったものを、空想だけで描くことも可能であったろうと思う。
 しかし──いささか、カンニングめいて申し訳ないが──ブログにある後書きを読むと、作者は、この二十余枚の短編のために、かなりの資料集めをなさり、読み込んでいらっしゃるのだ。

 資料の活用が、この物語世界の輪郭をくっきりと描きだす。
 十九世紀フランス領アルジェリアという舞台設定が読者との距離感を示し、薔薇と男の故郷モロッコ、壷と香水瓶がきたエジプトといった具体的な地名がさらにエスニックな雰囲気を添える。イスラムという宗教によって登場人物の考え方の基本が読者と異なることを明らかにする。
>「インシャーアッラー」(それを神が望みたまうならば)
 神あるいは運命への諦念。現代の日本であれば、読者に疑問を抱かせてしまうことが、この物語世界では通用する。
 踊り子であるために、普通の女の幸せを諦めていること。
 美しい若い女が、白いひげを蓄えたシャイフの妻、それも4番目の妻となって。
 普通の市井の女のようだという理由で、「それなりに幸せ」と自認すること。

 ラストシーン。
 言葉に表しきれない(はず)の香りが、彼女が状況=運命によって諦めざるを得なかった淡い恋を、記憶の底から引き出す。目に見えない薔薇とでも言いたい、鮮やかな描写だ。

 ■

 覆面企画版と、サイト版を読み比べて、企画版で誤読していたことに気づいた。最後に書き添えるが、サイト版未読の方のために、以下、もう一回隠し表示。

»OPEN»



 これについては実は、作者サマに事前に見ていただいたので、「勝手に書きました」カテゴリーとは微妙に違うのですが。
 カテゴリーをわさわさと増やしてもしょうがないので、ここで^^

Close△


- オンライン小説に愛を/小説・文学

  1. 2006/04/13(木)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:0
  5. | EDIT

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachne.blog61.fc2.com/tb.php/19-f8da9e4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。