アラクネの書棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

ほんっとうに、シナリオで行かれるのですか?

 Yonda!氏がシナリオスクールを退学なさったらしい
 こんなときに、たかがイチ読者の分際でこんなことを書く資格なぞないことは重々承知ですが。以前書きかけて止めたことを、今夜は書こうと思います。今夜書かないと、たぶん2度と勇気が出ないと思うので。

 私はYonda!氏のシナリオより、小説が読みたいのです。
Open▽
 私が氏のブログを読むようになったのは、文章の美しさだと思う。密接に積み上げられる言葉。言葉と言葉の隙間から滲みでてくるリズム。説明するのは難しいけれど、文章の、独特の張力のようなもの。
 しかし、シナリオには、「地の文」がない。たしかにセリフにはリズムがあるが、登場する複数の人物が同じリズムで話していたら、不自然だ。シナリオ、という選択は、氏の最大の武器を封じて、他流試合に挑むようにも見えた。
 だが……、いくつかのコンテストへの投稿の話が出てくるに至って、「どうも本気らしい」と思った。えええええっ、シナリオ行かれるんですか?と、湿ったポテトチップスのようなジナジナした気分で、シナリオスクール関連の記事を追っていた。でも、とにかく、シナリオのスクールをお出になって、そこのコネだかなんだかでシナリオの仕事をなさって、世に出ていらっしゃるのであれば、それは氏の夢の実現なのだから、他人がどうこういうことではないと。イチ読者としてファンとして見守るのみ、と。
 ところが……。退学、だという。

 えぇぇと、もうオカルト呼ばわりされても、キがどうのと言われても結構でございます。これは天の配剤かもしれませぬ。どうぞ、もう一度、ご自分の武器のありかを考えてみてはいただけませんでしょうか。
 ごめんなさい、小説とシナリオ、いまどちらが食えるか食えないかは、私は存じませぬ。ただ、私は、貴方の小説が読んでみたいのです。

 言った……。。。これでもうコメ禁になろうがTB禁になろうが悔いはないや。

Close△


  1. 2009/10/20(火)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:8
  5. | EDIT

コメント

ありがとうございます

どうも、なんと申し上げればよいのでしょうか。
もったいないお言葉にどう感謝したらいのか。

いまのわたしに書けるのはシナリオぐらいかと。
もちろん、本当に書きたいのは、おっしゃるよう小説です。
しかし、書けないのです。わけがわからない。

ぶっちゃけ、どうしたらいいのかまったくわかりません。
どうしたところで、死ぬのは人間の宿命。
そんな後ろ向きな考えもありまして。

信じているものがございます。
縁です、ご縁。因縁であります。
このたび貴方様とご縁があるいように感じたのは、
わたしの錯覚でしょうか。

あたたかい記事にたいへん励まされました。
  1. 2009/10/20(火) 21:11:56 |
  2. URL |
  3. Yonda? #195Lvy4Y
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

なんとなしに

yondaさんは大量に読んでらっしゃるので、時節が来れば書く気がおこるんじゃないかと思われます。無理に作り出そうとしてもやる気や楽しむ気がなければモノなんかできませんて。

書かれるとしたら純文学か社会小説のような気がしますね、活劇とかファンタジーとか、そういう粗筋で仕事をするようなタイプの人ではないと思います。
やるとしたら社会全体の気風や思潮を読んで、それを事件を通じ、価値観として提出して見せるような仕事が得意なんじゃないでしょうかねえ。風刺や人間観察、人間の動態を用いて、我々がこの社会に関与する中で共時的・心理的に持っている何かの価値を掬って見せるとか……

いずれにせよyondaさんは猛毒をお持ちの人だと思いますし、そういう猛毒はシナリオセンターで生産なんかできやしません。カフカのように人生と不条理をかけて魂を圧縮することでできるものでございます。ついでにいえばシナリオセンターでそういうのを使いこなす方法も教えることなんかできやしねえと思いますけどね。
  1. 2009/10/20(火) 22:42:56 |
  2. URL |
  3. 林 #40ZARpUE
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

いらっしゃいませ

お二方ともいらっしゃいませ。

Yonda!さん
薄氷を踏む思いで投げた記事でしたが、(ほんとの意味で)届いたようで、胸を撫でおろしています。ええと、あの、本当に勝手を言いますけれど、シナセンの「締め切り」というものがYonda!さんには妙薬であったようですから、どこか適当な賞を探してそれに「当て書き」なさっては?とか思います。書きあがれがお出しになればいいわけですし。

林さん
林さんも審美眼は高いと思いますけど、林さんは学生の頃から小説で書いていらっしゃるじゃないですか。すごい量を読んでいらして「書き始めるきっかけ」というか「書き終わる(1作を仕上げる)きっかけ」がたまたまないうちに、高い審美眼を持ってしまった方というのは大変なんだろうなぁとは思います。

  1. 2009/10/21(水) 00:43:51 |
  2. URL |
  3. 麻生新奈 #nzi/10PQ
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

どうもです♪

ご助言、本当にありがとうございます。
どちらも何度も何度も拝読いたしました。
わたくし、運命論者、宿命論者めいたところがございます。
「なるようになる」
「なるようにしかならない」
こんなおかしな人生観を持っております。

どうにかして世界へ礫(つぶて)を投げつけたいと思いますが、
できるかできないかの決定権はわたしにありません。
晴れの日は晴れ。
雨の降る日は雨。
雪の降る日にバーベキューは無理。
天候を見ながら、やれることをやっていきたいです。
いくらがんばっても明日の天気は変えられない。
しかし、変えようと思う人間は美しい。
これからわたくしが書いていきたいことであります♪
  1. 2009/10/21(水) 21:14:39 |
  2. URL |
  3. Yonda? #195Lvy4Y
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

なるようにしかならないのは、本当で

なるようにしかならないのは、本当で。
礫を投げても、どこまで届くか、誰に届くか、決められないのも本当なのですが。

礫をまず投げないとどこにも届きませぬ^^

ただ急かすつもりもないのです。待っている者もいるのだなあと知っていただけば、それでよいのです。
  1. 2009/10/22(木) 02:36:23 |
  2. URL |
  3. 麻生新奈 #nzi/10PQ
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

何度読んでも

何回往復しても、こちらのコメント欄に萌えてしまいます。。。
  1. 2009/10/25(日) 15:24:48 |
  2. URL |
  3. きむろみ #w5curNNk
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

きむろみしゃん(涙

いきなりそれを書いたら、なんのことやら判りませんがな。

ホストとして一応ご説明を加えておくと、きむろみさんは、以前の記事
http://arachne.blog61.fc2.com/blog-entry-73.html
http://arachne.blog61.fc2.com/blog-entry-72.html )
にもコメントをくださっていた、うちの常連さんです。

ブログ主とは、「言葉フェチ」という同病あい憐れむ(?)関係でもあります。
  1. 2009/10/26(月) 12:29:01 |
  2. URL |
  3. 麻生新奈 #nzi/10PQ
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

病膏肓に入る;

>なんのことやら判りませんがな。
すみません。麻生さんのブログにあのあのyonda?さんがお越しになってて、さらに林さんが登場……!もう、「みゃーっ!!」とシッポ噛んで同じところをグルグルするくらい興奮してしまいました。
憧れのお方が揃うて萌え死にそうです。ここにリコメ入れさせていただくのも目いっぱい(涙)
  1. 2009/10/26(月) 21:10:26 |
  2. URL |
  3. きむろみ #w5curNNk
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachne.blog61.fc2.com/tb.php/77-e0fc2b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。