アラクネの書棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

覆面作家企画5「色」Hブロック

 意気込みテンプレと別ブログになってますが、Bブロック麻生新奈です。

 エントリー作品は他ブロックまで見てるところもあるんですが、作者サイト巡りまで済んでるのは、Hブロックだけです。めんぼくない。

 これまでの参加経験から、緻密な推理は自分には無理だということは判っているので。直感のみ、「ハズシを楽しむ」勢いで参ります。なお他の方の推理はわざと読んでません。

Open▽
H01「Where is the princess?」
 マフィアの妻と女刑事(?)。クールな刑事物、という雰囲気。
 ディテールの書き込みが難しい今回の長さの中で、文章のリズム感でなかなかお洒落な雰囲気を醸し出している。
※このセンテンスがよくわからない。
 「ブレロ一味の一員に殺され、殉職した アイナの相棒だったフレデリックは、いつもアイナと娘のフローラを気にかけてくれていた。」
⇒空地大さま(花蝶風月)
 拝読作品『花桜の鎖』『降りつもる時間は道をつくり』
 理由:作品ごとに雰囲気を書き分ける方だと思うので。
 
H02Eve or Vandor
 獣を封印した男女の魔術師と転生。たとえ獣を持たないとしても、本当の愛ってなんなんだろう。ていう感想は正しいのかズレてるのか。
⇒和泉 有穂さま(ユジラスカの館)
 拝読作品は、『天の川異伝』『夏の夕凪、丘の上に寝ころびて星を待つこと』
 理由:神話的なテーマの選び方とか。
or和さま(なごみのお茶屋さん)
 拝読作品は、「昇銀竜菊先紅光露」が既読、「葉月の雨」「桜火 -hanabi-」
 理由:シーンの重ね方、というか。話の運び方、というか。

H03さようなら、おじさま
 一人称の小説で、主人公の容姿を描写するのはなかなか難しいと思うのだけれど。
 これはそこをクリアしていて、主人公を想像しやすいし、共感もしやすかった。
 すれ違いの物語なのだが、二人とも、それはそこで誤解してもしょうがないな、と思わせる。
⇒星野莢さま(莢果堂)
 拝読作品は、『空に咲く花』『クリスマスなんか大嫌い』
or文月夕さま(花迷路)
 既読作品は複数。今回の拝読作品は、『ふりさけ見れば春日なる』『かえりみち』
 理由:短編ながらまとまりのよさで、お二人のどちらか迷い中。

H04さいわいのきみ
 花兎と雪猫。歌にたけた少年と、絵を描く少女。やわらかなハッピーエンド。
⇒sagitta(ある日の空の顔。)
 拝読作品は複数、今回は『KAYO』。
 理由:柔らかで優しいテイスト。

H05磐縒姫(いわよりひめ)
 現代を舞台にした緊迫のファンタジー。個人的に、今回の「収穫」の一つ。
 企業小説とファンタジーという水と油みたいな要素を、びしりと縒り合せた力技。
⇒盲管さま(爆走ストルイピンカ)
 既読作品『コロンナ33遅き午餐』『ヤコブの梯子(千畝伝拾遺)』。同じ作者の作品であることに気づいていませんでした、すみません。
 理由:『磐縒姫』と似た「力」を感じる作品なので。
 今回、気づいたら、『シレーヌの封蝋』『A LA DESTRUCTORA』『優勝メダル』『足好忠僕出征餞』『ナターシャ・ガリエナの帰還』と読み進んでいました。
 『薙刀エリヌース』リンク切れてます。ってここに書くことじゃないですが。

H06くれなゐの鬼
 主人公は鬼。
 人語を話す猩猩に襲われた村から、ただ一人生きたまま攫われてきた娘と、出会う。
⇒永坂 暖日さま(夢想叙事)
 拝読作品は『締切直前における特定の覆面作家企画4参加希望者の漸近線的記録あるいはマグネシウム燃焼時的アイデア』が既読。
 今回、『十六年目の「ただいま」』
 理由:キャラクターの心情を大事にしたファンタジー書きさん、という点で。

H07薔薇の娘 注
 R12。拝読時、耽美というほどの美しさは想起することができず、人の心の暗部を描くというほど奥深く降りていく感覚も味わうことができませんでした。
 こればかりは、相性の問題なので仕方ないです、すみません。
 誤爆がこわいので、ここは推理をパス。

H08白雪異聞
 白髪の姫君と、清平という従者(?)。
⇒篠崎伊織さま(リルの記憶)
 拝読作品は、『雨の向こうの楽園』

H09ミューズ
 色聴の教師、双子の生徒。
⇒星野莢さま(莢果堂)
 拝読作品は、『空に咲く花』『クリスマスなんか大嫌い』
or文月夕さま(花迷路)
 既読作品は複数。今回の拝読作品は、『ふりさけ見れば春日なる』『かえりみち』
 理由:短編ながらまとまりのよさで、お二人のどちらか迷い中。

H10水の、匂い。
 色覚のない少年、炭を焼く、山の中で出会った精霊。
⇒たつみ暁さま(SN@++) 
 拝読作品は「あわい」
or染井六郎さま(如何様屋 電脳店舗)
 拝読作品は「にせものの ほんものの」
 理由:ファンタジーと現実描写の混ぜ方の感覚、のようなもの。

H11perfume of mystery 注
 刑事になったばかりの主人公は、 犬並みに鼻がきく男に出会う。長編の導入部のような雰囲気。
⇒和さま(なごみのお茶屋さん)
 拝読作品は、「昇銀竜菊先紅光露」が既読、「葉月の雨」「桜火 -hanabi-」
or染井六郎さま(如何様屋 電脳店舗)
 拝読作品は「にせものの ほんものの」
 理由:この枠はかなり消去法であてはめています、すみません。

Close△


  1. 2011/10/03(月)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:2
  5. | EDIT

コメント

ありがとうございました。

覆面、お疲れ様でした。

「グリーンサイン・レッドサイン」
ものすごく良かったです。
覆面3夏の御作も、覆面4のときのも良かったですが、
自分としては、今作が最高に好きです。

私は推理はほとんどしませんでしたが、
HMの姉さんたちが、「世界ノ果テノソノ向コウ」の
ドォルの姉さんたち(シェイクスピア!)に少し似ていて、
一読して、たぶんこの作者は麻生さんでいらっしゃるだろうと睨んでおりました。

拙作を評価して下さってありがとうございます!
過去作まで読んでいただけるとは。
「薙刀エリヌース」という話のリンク、
わけあって、ああいう仕様なんです。
我ながらメンドクサイですがw

それでは、この度はありがとうございました。
  1. 2011/10/11(火) 03:39:20 |
  2. URL |
  3. 盲管 #hHk5kqRo
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

盲管さん、いらっしゃいませ。

わざわざのご来訪ありがとうございます。
今回、少ししか読めず、さらに少ししか当たらなかったわけですが、そのなかで盲管さんのは当たったのが嬉しいです。
素敵な作品をありがとうございました。
  1. 2011/10/12(水) 01:30:20 |
  2. URL |
  3. 麻生新奈 #nzi/10PQ
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachne.blog61.fc2.com/tb.php/81-86db4263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。