アラクネの書棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

推理無理でした、Eブロック

 自宅引越しで、PCのない生活に。スマホだって小説は読める!と思っていました、実際、企画サイトは読めるのですが。……参加者の皆様のサイトを見にいくと文字化け・また文字化け……、ここがスマホの限界か。。。。orz。このブロックから推理はまったく断念、一言感想のみとなっております。
E01 会長の戸隠~高原学園生徒会記録~
日本神話をモチーフにした、明るい学園もの。服を脱ぎださないか、心配しました^^
E02 ヒロイック・ガーリッシュ
冒頭の描写や美月のキャラから、バッドエンドか、と身構えて読み進みましたが。美月の最後の台詞の、あゆりへの「刺さり」は、こういう面もあったか、という説得力がありました
E03 明日の行方
気弱な青年がバスを間違え、歩くはめに……。腕時計の扱いが効いていると思いました。
E04 殺人調書記録、あるいは初恋の甘い輝き
殺された銀行員。作品のほとんどは犯人の妄言。不快な物語を書きたいという意図で書かれたもの思うし、それは成功している。
E05 身代わり
牢に落とされた男と玻璃からの声。国巫(クンム)の得た預言に、意味があったのか、なかったのか。
E06 娑婆電光クロスロード
人と「きゃつ」。ある意味で、お互いに、怖いのだね、そのことをいかにもなにかありげな語り口で語る。おちもある意味壮大(ですよね?)で、いい感じ。
E07 暗夜航路 Eclipse route
タイトルとはうって変わった冒険活劇SF。ルルールもチビも可愛い。状況を救ってるのはこの「二人」ですよね。
E08 電子レンジ、ひかる!
神童甥+おばかな叔父が電子レンジを語る物語、楽しい。たぶん私も小3に近い。
E09 光の先へ
魔物、光のカーテン、石化。会話→否定の流れが面白い。ラストはいくぶん曖昧だが。私はメイファはとても強い人間に思えたので……。
E10 彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった
子供の体を作り替えることによって、町を救おうとした男の、養女と実子、カティアとカティス。背に背を預けて戦う義兄妹の道は、父の変容により分かれていく。ラスト、主人公の判断が、単なる思い込みなのか、推測どおりなのか。たぶん正しいんだろうなぁ。森まで義妹を探しにくるような少年だったのだものなあ。

  1. 2016/02/28(日)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:1
  5. | EDIT

コメント

感想をありがとうございました。

覆面作家企画7でお世話になりましたE01の藤原湾です。お礼に参りました。
フラッシュモブのシーンが短かったので、脱ぐことはなかったようです。
感想を頂き、ありがとうございました!
  1. 2016/03/01(火) 00:19:40 |
  2. URL |
  3. 藤原湾 #C5MAL4nQ
  4. [ 編集]
  5. [ 管理]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachne.blog61.fc2.com/tb.php/86-d5822f00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。