アラクネの書棚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--)
  2. | URL
  3. | EDIT

すべりこみで、Fブロック

覆面作家企画7、Fブロックの感想まとめ。前記事にも書いたのですが、私が現状スマホしか使用できず、参加者様サイトが文字化けで読めないところが多いため、推理は諦めましたm(_ _)m

F01 空蝉ばかりが残された
双舞剣術 の同門の5人「五彩」の一人と呼ばれた瑠璃は、年月を経て師範となっていた……。仲間たちに取り残された心寂しさを丁寧に描写した作品

F02 名前のない色
スカートで高校を闊歩するアキナ。自分の美貌への、傲慢なまでの自信は、ある出来事であっけなく崩れてしまう。……ただでさえ不安定な思春期という時期に、とりわけ、心の奥に火薬を溜めている。そんな感じの主人公が、なかなか魅力的。

F03 鐘山に迷う
太宰・芥川といった文豪短編集に載っていそうな一篇。結果論としては、荊国公の志が国も人も救っていないあたり、そして荊国公が(神々しいところのない)ただの人間であると知って、主人公の改革への志が折れてしまうあたりの虚無感が刺さります (中国古典の素養がないので、「原作」に当たるものや史実が有るのかないのかは、調べきれてないです)。

F04 子連れ天使
当初保身しかかんがえていなかった男が、しだいに自分が残酷になりきれないことに気づいていく。人にとっての転機……。結局、悪人ではなさそうな男が、どうしてここまで裏街道に踏み込んだのかなあ?なんて疑問符が頭に浮かびます。

F05 異説クリュタイムネーストラー
カストールとポリュデウケース・ヘレネー・アガメムノーン・エレクトラまでは知っていたんですが、クリュタイムネーストラーだけ知らず。へえ、エレクトラの母が、ヘレネの姉だったのか、……という感覚で拝読。

F06 イ●カに●った●年
明るく楽しい、南洋の小島の冒険談(?)。脳内で、ちょっと懐かしい雰囲気の、コメディ映画が動くような作品。タイトルの強引さも笑いました。

F07 光の真実
老魔法使いと、きまじめな弟子。魔法において、光とは何か、という議論話かと思いきや。弟子にちょっと同情^^。

F08 ねがはくは花のもとにて...
冒頭、タイトルからの連想と全く違う作品世界に「ヤラレタ」感が有りました。自分の思い入れが、他人から見ればバカらしいことをきちんと自覚した上で、それでも諦めない主人公の理性と感情のバランスが好きです。

F09 虹色クジャクと北の森
人外好きで、ことに異形頭に思い入れがある私には、クジャク人はこれだけでもう素敵な一語です。これだけでなく美しい色とファンタジー性で満ちた作品。拝読の間中、目の奥で再生されていた深くて艶やかな色をなんとかお伝えしたくて、探したのだけどピッタリのものはなかなかなく、以前から好きなこの絵がかなり近いです。(モノの形ではなくて色合い)
イラスト:六七質氏

F10 聖泉鏡
現代ファンタジー、弓を学ぶ主人公と友人、人外少女、そしてクラスメートの「暗い」女の子。この枚数のなかでキャラを立て、FT設定を確立し、人外少女の正体やゆくすまで興味を持たせるパワフルな作品。

F11 空の歌を捧げる歌姫の最後
空の歌で光を呼ぶ歌姫。ラスト、疑問符から解明への、主人公の心情のめまぐるしい転換を、きっちり描きあげる描写、ステキです。主人公リディアと少年テオにとって、英雄とはつまりそういうことなんだな、と思いました。ファンタジーですが、スチームパンクも脳内受信^^


  1. 2016/02/28(日)
  2. | URL
  3. | TB:0
  4. | COM:0
  5. | EDIT

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://arachne.blog61.fc2.com/tb.php/87-67b2930d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


Template:AdanKadan

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。